一般社団法人 河合隼雄財団 | KAWAI HAYAO FOUNDATION

Englsh
一般財団法人 河合隼雄財団ロゴマーク

当財団のロゴマークは、画家・装幀家・絵本作家の安野光雅氏に描いていただきました。
安野氏は生前の河合隼雄と交流が深く、多くの著書の装幀を手がけられています。
ロゴマークと河合隼雄について、週刊朝日2013年1月25日号の安野氏のエッセイ「逢えてよかった」で紹介されました。

新着情報

【イベントレポート】佐渡裕さんにきく河合隼雄の思い出 with スーパーキッズ・オーケストラミニコンサートが開催されました

今夏、アジアで初めて国際分析心理学会の大会が京都で開催されることになりました。

国際分析心理学会とは、世界のユング派分析家約3000人が所属する学会で、

日本で初めてユング派分析家の資格を取得した河合隼雄も所属していた団体です。

 

当財団の代表理事でもある河合俊雄が中心となり、京都へこの大会を招聘し、

8月28日~9月2日の1週間、600人を超える参加者を迎えて京都国際会館にて行われました。

 

IAAP看板

続きを読む

河合雅雄に聞く  弟・河合隼雄の宇宙:自然、サイエンス、物語を開催いたします!

8月も終わり、季節は少しずつ秋へと近づいていきそうです。

河合隼雄財団でも佐渡裕さんとスーパーキッズ・オーケストラのイベントが盛会のうちに終了し、

さっそく、第4回河合隼雄物語賞・学芸賞記念講演会のお知らせです。

雅雄先生講演会1

 

続きを読む

『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』の英訳本が出版されました

新潮文庫から発刊されていた『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』

これは、タイトルの通り、作家の村上春樹さんが河合隼雄に会いに行っていろんなお話をした、その記録のような本です。

対談は1995年に行われましたが、まだまだ多くの方に読まれているようです。

 

このたび、この本の英訳本が出版されました。

Haruki正面

世界でもその作品が読まれる村上春樹さんと河合隼雄の貴重な対談が世界の方に読んでいただけるようになりました。

続きを読む

河合隼雄『物語を生きる 今は昔、昔は今』が刊行されました!

岩波現代文庫より、〈物語と日本人の心〉コレクションⅡ

河合隼雄(著)河合俊雄(編)『物語を生きる 今は昔、昔は今』が刊行されました。

物語を生きる

続きを読む

豪雨、送り火、夏の夜

8月16日、京都では五山の送り火が行われました。

昼間は真夏の太陽が照り、青空が見えていたのに夕方、雲行きが怪しくなってきて

ちょうど点火の時刻、20時頃には傘を差しても意味がないほどのざーざーぶり。

関係者の方々のご尽力で、無事点火はなされたようでしたが、東山のあたりはもやもやと霞がかかるばかりで何も見えません。

 2016送り火雨2←この雨の向こうで東山如意ヶ嶽の「大」が燃えている(はず)

 

2016送り火雨

この写真でうっすらと明るいのは、おそらく松ヶ崎妙法の送り火(のはず)だと思うのですが、

警備の方に、場所を尋ねなければ火の場所さえも判別できないほどです。

 

しかし不思議なことに、せっかくこのときのために長い時間待っていたはずの多くの人たちの間には、それほど不満のようなものは感じられませんでした。

自然の力の手前、当然といえば当然かもしれませんが、なんとなく皆がこの非日常的な豪雨を受け入れているように思われたのです。

火がどこかわからないから、とごうごうと流れる鴨川に向かって手を合わせる女性、

火が燃えているはずの方向をただじっと見詰める夫婦、

送り火は見られなかったのに、なんだか楽しそうに帰って行く親子・・・。

隣の人の声も聞こえないほどの雨は、還りゆく魂たちの存在をむしろ強く感じさせるものだったのかもしれません。

 

河合隼雄が倒れたのは2006年8月16日の夜。

早、10年が経ちました。

この日は河合隼雄のもうひとつの命日なのです。

 

大の雨男であった河合隼雄が山の向こうに帰っていくのを、ただただ、雨に濡れながらお見送りしたような

圧倒的な夏の夜でした。

この一年、どうかまた私たちのことを見守ってくれますように。

1 / 2912345...1020...最後 »