一般社団法人 河合隼雄財団 | KAWAI HAYAO FOUNDATION

Englsh
一般財団法人 河合隼雄財団ロゴマーク

当財団のロゴマークは、画家・装幀家・絵本作家の安野光雅氏に描いていただきました。
安野氏は生前の河合隼雄と交流が深く、多くの著書の装幀を手がけられています。
ロゴマークと河合隼雄について、週刊朝日2013年1月25日号の安野氏のエッセイ「逢えてよかった」で紹介されました。

新着情報

河合隼雄『大人の友情』の中国語訳が発刊されました

%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%8f%8b%e6%83%85%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e7%89%88

 

なかなか印象的な装丁のこの本は、河合隼雄『大人の友情』の中国語版です。

すでに台湾で翻訳、出版されていたのですが、このたび新たな版として発刊されました。

 

%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%8f%8b%e6%83%85

日本語版の表紙が風景の絵なのに対して、台湾のものはインパクトある人の顔デザイン。

文化の違いが現れているようでおもしろいです。

 

大人の友情は、現在もよくツイッターなどで感想を書いていただいているのを見かける本のひとつです。

2005年に『ほぼ日』の「担当編集者は知っている」のコーナーで朝日新聞社の矢坂様が

この本について語っておられます。

このサイトが生まれるより前のものなので、ここで改めてご紹介。(とてもおもしろいのです)

ほぼ日刊イトイ新聞ー担当編集者は知っている「大人の友情」

 

「ともだち」ってなんだろう、ということをいろいろな角度から考えた本です。

この機会に日本語版の方も手にとっていただけるとうれしいです。

【イベントレポート】河合雅雄に聞く 弟・河合隼雄の宇宙:自然、サイエンス、物語

兄弟とは、不思議なものです。

河合隼雄もどこかで「初めて出会う他人」と書いていた気がします。

親のように絶対的ではないけれど、寝たり起きたり遊んだり、多くの時間を共にすごす、とても近くて、でも自分とは違う存在。

 

男ばかり6人兄弟、3番目が雅雄で5番目が隼雄。

雅雄はサル学、隼雄は臨床心理学、後に違う道を歩むことになる二人は、どんな時間を共に過ごしたのでしょう。

今日は、そんな話を雅雄さんに語って頂くという会でした。

 

%e9%9b%85%e9%9b%84%e5%85%88%e7%94%9f

 

続きを読む

〈物語と日本人の心〉コレクションⅢ 河合隼雄『神話と日本人の心』が発刊されました

河合隼雄(河合俊雄編)『神話と日本人の心』が岩波現代文庫より発刊となりました。

本書は河合隼雄がその中心的な研究テーマであった神話に正面から取り組んだものであり、

「主著」と言ってもよい著作のひとつです。

このたび、〈物語と日本人の心〉コレクションⅢとして初めて文庫化されることになりました。

 

%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%81%a8%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%bf%83

解説は河合隼雄学芸賞選考委員でもある中沢新一さんです。

続きを読む

【イベントレポート】佐渡裕さんにきく河合隼雄の思い出 with スーパーキッズ・オーケストラミニコンサートが開催されました

今夏、アジアで初めて国際分析心理学会の大会が京都で開催されることになりました。

国際分析心理学会とは、世界のユング派分析家約3000人が所属する学会で、

日本で初めてユング派分析家の資格を取得した河合隼雄も所属していた団体です。

 

当財団の代表理事でもある河合俊雄が中心となり、京都へこの大会を招聘し、

8月28日~9月2日の1週間、600人を超える参加者を迎えて京都国際会館にて行われました。

 

IAAP看板

続きを読む

河合雅雄に聞く  弟・河合隼雄の宇宙:自然、サイエンス、物語を開催いたします!

8月も終わり、季節は少しずつ秋へと近づいていきそうです。

河合隼雄財団でも佐渡裕さんとスーパーキッズ・オーケストラのイベントが盛会のうちに終了し、

さっそく、第4回河合隼雄物語賞・学芸賞記念講演会のお知らせです。

雅雄先生講演会1

 

続きを読む

1 / 2912345...1020...最後 »