一般社団法人 河合隼雄財団 | KAWAI HAYAO FOUNDATION

Englsh
一般財団法人 河合隼雄財団ロゴマーク

当財団のロゴマークは、画家・装幀家・絵本作家の安野光雅氏に描いていただきました。
安野氏は生前の河合隼雄と交流が深く、多くの著書の装幀を手がけられています。
ロゴマークと河合隼雄について、週刊朝日2013年1月25日号の安野氏のエッセイ「逢えてよかった」で紹介されました。

新着情報

ノンフィクション作家・後藤正治氏 「ひと言の余韻」に河合隼雄がとりあげられました

ノンフィクション作家・後藤正治氏が日本経済新聞で連載の「ひと言の余韻」で、
「(13)治らんでもええやん 河合隼雄との禅問答 」が掲載されました(2013年1月27日)。

静かに河合隼雄の「ひと言」を回想する中で、河合のさまざまな顔があぶり出されていきます。

くすりと笑いを誘われつつ、心に響く文章です。

安野光雅氏のエッセイ

週刊朝日2013年1月25日号の安野光雅氏のエッセイ「逢えてよかった」で、河合隼雄と当財団のロゴマークが紹介されました。

続きを読む

河合隼雄 『日本文化のゆくえ』が岩波現代文庫から刊行

絶版になっていた河合隼雄『日本文化のゆくえ』が、岩波現代文庫から大澤真幸氏の解説つきで刊行されました。

続きを読む

安野光雅氏のエッセイ

週刊朝日2013年1月25日号の安野光雅氏のエッセイ「逢えてよかった」で、河合隼雄と当財団のロゴマークが紹介されました。

素朴な言葉の端々に、安野氏の河合隼雄への思いと深い交流の様子が感じられ、読む人の心を打つエッセイです。

読売新聞にて代表理事河合俊雄が紹介されました

読売新聞全国版(「顔」欄)に、代表理事河合俊雄についての記事が掲載されました。
当財団と、河合隼雄物語賞、学芸賞創設にまつわる思いなどが紹介されました。

32 / 33« 先頭...1020...2930313233