一般社団法人 河合隼雄財団 | KAWAI HAYAO FOUNDATION

Englsh
一般財団法人 河合隼雄財団ロゴマーク

当財団のロゴマークは、画家・装幀家・絵本作家の安野光雅氏に描いていただきました。
安野氏は生前の河合隼雄と交流が深く、多くの著書の装幀を手がけられています。
ロゴマークと河合隼雄について、週刊朝日2013年1月25日号の安野氏のエッセイ「逢えてよかった」で紹介されました。

新着情報

東京自由大学で代表理事が河合隼雄についての講演を行いました

NPO法人東京自由大学 【人類の知の遺産】
今年度第1回の講座として、当財団代表理事河合俊雄が
「河合隼雄の心理療法と日本人のこころ」と題した講演を行いました。

東京自由大学140511

神田の小さな会場は聴衆でいっぱいになり、
東京自由大学・鎌田東二理事長のホラ貝で講座は始まりました。

河合隼雄はいかにしてユング心理学に出会ったのか
そこにみられる偶然と必然、合理的精神と非合理的なこころの交差…

続きを読む

河合隼雄物語賞・学芸賞創設記念 村上春樹さん特別寄稿「魂のいちばん深いところ 河合隼雄先生の思い出」を公開しています

2013年5月6日、京都大学にて

当財団主催「村上春樹 公開インタビュー in 京都 ―魂を観る、魂を書く―」

が開催されました。

 

これは、河合隼雄物語賞・学芸賞創設を記念したもので

河合隼雄と親交の深かった村上春樹さんが特別に公開スピーチとインタビューを

引き受けてくださったものです。

 

残念ながら多数の応募者のなかから、ごく一部の方にしかお聞きいただくことができませんでしたが、

「考える人」2013年夏号に掲載された

特別寄稿「魂のいちばん深いところ―河合隼雄先生の思い出」 を本サイトで公開する運びとなりました。

村上春樹さん、新潮社様のご厚意に心より感謝申し上げます。

 

以下をクリックして記事をお読みいただけます

 

「魂のいちばん深いところー河合隼雄先生の思い出」.compressed

【お知らせ】第2回河合隼雄物語賞・学芸賞が発表されます

新緑が美しい季節となりました。

河合隼雄財団では、
「河合隼雄物語賞」「河合隼雄学芸賞」という2つの賞を設置しております。

本賞は、河合隼雄の思想と研究の根幹をなす「物語」を中心に据え、
そこから様々な世界を読み解き、個々の人びとを支えるような生き生きとした物語を創出した著作に贈られるものです。

続きを読む

河合隼雄『青春の夢と遊び』が岩波現代文庫より発刊されました!

河合隼雄著 河合俊雄編
〈子どもとファンタジー〉コレクションⅥ『青春の夢と遊び』が発刊されました

青春の夢と遊び

―――青春
最近はあまり見聞きしないこの言葉

河合隼雄も本書の冒頭で
「死語」と言われてさえいる
と述べています

続きを読む

「三田文学」に「河合隼雄と井筒俊彦」が掲載されました

偉大なる哲学者であり、イスラーム学者であり、言語学者でもある井筒俊彦

今年が生誕100年にあたり
「三田文学」117号でも井筒俊彦の特集が組まれています

その中に、河合俊雄代表理事による
「河合隼雄と井筒俊彦」も掲載されました

三田文学

続きを読む

20 / 31« 先頭...10...1819202122...30...最後 »