一般社団法人 河合隼雄財団 | KAWAI HAYAO FOUNDATION

Englsh
一般財団法人 河合隼雄財団ロゴマーク

当財団のロゴマークは、画家・装幀家・絵本作家の安野光雅氏に描いていただきました。
安野氏は生前の河合隼雄と交流が深く、多くの著書の装幀を手がけられています。
ロゴマークと河合隼雄について、週刊朝日2013年1月25日号の安野氏のエッセイ「逢えてよかった」で紹介されました。

新着情報

河合隼雄著『こころの最終講義』 『こころの読書教室』の電子版の配信が開始されました

新潮文庫で好評を博していた河合隼雄の
『こころの最終講義』
『こころの読書教室』
が本日より、電子書籍として配信が開始されました。

河合俊雄代表理事がかいている
『こころの最終講義』の「はじめに」と「解説」
『こころの読書教室』の「まえがき」
も掲載されています。

 

50

『こころの最終講義』は、河合隼雄が京都大学を退官する際の
最終講義がもとになったものです。

続きを読む

韓国箱庭療法学会・金会長との出会い

久しぶりの更新となってしまいましたが
夏のはじめのご報告です。

7月13日、今年で第15回を迎えた韓国箱庭療法学会大会を
河合俊雄代表理事が訪問しました。

 

続きを読む

朝日新聞に第2回河合隼雄物語賞・学芸賞授賞式の記事が掲載されました

2014年7月9日、朝日新聞(関西)に、河合隼雄物語賞・学芸賞授賞式の記事が掲載されました。
首都圏では本日(7月15日)夕刊に掲載されます。

とてもよい記事をかいていただきました。
ぜひ下の[PDF]をクリックしてごらんください。

続きを読む

精神療法増刊第1号に「河合隼雄の三編」がとりあげられています

精神療法増刊第1号「先達から学ぶ精神療法の世界:著者との対話への招待」に
「河合隼雄の三編」がとりあげられています。

先達から学ぶ精神療法の世界

河合俊雄代表理事が選んだ三編は
『ユング心理学入門』(培風館、1967年;岩波現代文庫、2009年)
『昔話と日本人の心』(岩波書店、1982年;岩波現代文庫、2002年)
『ユング心理学と仏教』(岩波書店、1995年;岩波現代文庫、2010年)

この記事では、まず河合俊雄代表理事が上記三編についての解説を記しています。

続きを読む

河合隼雄『こころの処方箋』がNHKラジオで放送されました

少し前のことになりますが、
2014年4月19日、河合隼雄『こころの処方箋』より2編が
NHKラジオ「関西初ラジオ深夜便」で朗読されました。

月刊誌「ラジオ深夜便」でも内容が紹介されました
(注:写真は今月号の写真です)

rajio深夜便

『こころの処方箋』は、まさに「処方箋」のように
そのときどきに、私たちのこころに必要なものを処方してくれるような文章が集められた本になっています。

続きを読む

20 / 33« 先頭...10...1819202122...30...最後 »